2011年11月24日

秋田県立大学 | ものづくりの人材育成

県教育委員会と県立大は県立湯沢翔北高校で2012年4月に開設される専攻科「生産技術科」と県立大が、エキスパートとなる人材育成に向けて相互に連携する内容の協定を結んだ。県立大の教員が同科の授業を受け持つことなどを定め、より高度な知識を備えた技術者の育成を目指す。専攻科は、主に専門科を卒業した生徒を対象に、より高度で授業を通じて、即戦力となる人材を育成する2年間の課程。
県内で専攻科が開設されるのは、45年ぶり2例目。
生徒は受講する講義の試験を受け、同大の教員が成績評価を行う。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(学習塾・個別指導塾・家庭教師ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form