2011年11月24日

秋田県立大学 | ものづくりの人材育成

県教育委員会と県立大は県立湯沢翔北高校で2012年4月に開設される専攻科「生産技術科」と県立大が、エキスパートとなる人材育成に向けて相互に連携する内容の協定を結んだ。県立大の教員が同科の授業を受け持つことなどを定め、より高度な知識を備えた技術者の育成を目指す。専攻科は、主に専門科を卒業した生徒を対象に、より高度で授業を通じて、即戦力となる人材を育成する2年間の課程。
県内で専攻科が開設されるのは、45年ぶり2例目。
生徒は受講する講義の試験を受け、同大の教員が成績評価を行う。

2011年11月10日

明治大学 | 中華街の活性化

明治大(千代田区)は、中華街を力で活性化させようと「神田・神保町中華街プロジェクト」を始めた。神田・神保町かいわいには下宿や飲食店などが並び、現在も歴史中華料理店が集まる。
10月8日には、明大周辺で獅子舞などが登場するパレードが明大生が京劇を披露。
期間限定で中華料理店9店と協力し、3店で食事をすると景品がもらえるスタンプラリーも実施している。
中華料理店の紹介のほか、近くの共立女子大と専修大の学生も協力し、魅力をつづった。

2011年11月01日

東京大学 | サイエンス寺子屋

学問の場だったお寺で、最先端の科学を学ぶ「サイエンス寺子屋」が30日、東京都調布市の深大寺で開かれる。東大の大学院生が「大人の寺子屋」を目指して始め、今回で2回目。人類の進化について学ぶ。江戸時代まで寺院の多くは「寺子屋」を設け、庶民の基礎教育の場としての役割を担ってきた。
学制発布とともに、その役割を終えた。
今回は、東大総合文化研究科教授(動物行動学)の長谷川寿一さんが講師。
文明を切り開いてきたヒトと、遺伝学的に近いチンパンジーとの共通点や相違点などについて、進化の視点から考察する。