2011年03月29日

愛知教育大学 | 新聞女子

愛知教育大(刈谷市)の美術科2年生が授業で「若者に新聞を読ませるには」をテーマにグループ研究を行った。改訂で4月から小学校で、中学校で新聞を教材に授業が始まる。新聞を読む大学生は少なく、教師を目指す学生向けに「新聞のススメ」を考えた。
若者に新聞を読む習慣が少ないことから、新聞を読む女子のイメージを「社会に興味がある」「かっこいい」「デキる女」「知的」とPRする。
段落を読むだけでも情報や知識は得られ、インターネットより効率的だと指摘し、就職活動にも役立つとしている。

2011年03月18日

杏林大学 | 被災地からの入学者への措置

杏林大学は、東北地方太平洋沖地震に被災された入学者に対して入学金を免除する等の措置を実施することを発表した。
具体的な内容は1.入学金免除、2.学納金延納の2点。対象は医学部・保健学部・総合政策学部・外国語学部・大学院医学研究科・保健学研究科・国際協力研究科の平成23年度入学者。
詳細はまた追ってホームページにて告知されるとのこと。相談等は、杏林大学入学センターまで。

2011年03月11日

同志社大学 | 研究奨励賞を受賞

2011年2月23日に財団法人、商工総合研究所(東京・商工中金本店内)で「平成22度 中小企業研究奨励賞」の表彰式があり、同志社大学社会学部、藤本昌代准教授と同大学高等研究教育機構、河口充勇特定任用研究員・助手による『産業集積地の継続と革新 -京都伏見酒造業への社会学的接近-』(2010 文眞堂)に「経済部門 準賞」が与えられた。
本研究はフィールドワークが行な説明している点が評価された。

2011年03月09日

愛知教育大学 | 教員の資質向上目指し連携

愛知教育大学(刈谷市)と県総合教育センター(東郷町)は教育振興と資質向上を目指し、養成や研修、研究に関して「連携・協働に関する協定」を結んだ。教職員研修などに、所員を相互に派遣し合うほか、施設や設備の貸し借りも積極的に行う。

2011年03月08日

大阪樟蔭女子大学 | 英語落語

2月12日(土)、大阪樟蔭女子大学の英米文学科(国際英語学科)の学生による「第4回英語落語発表会」が、開催された。学生たちは、プロ顔負けのノリで巧みに何役も演じ分けて英語落語を披露し、約180名の観客に「笑い」をプレゼントした。

英語落語は、英語の上達にとても効果的であるということで、4年前からプロの落語家の桂かい枝さん、桂あさ吉さん、そして指導に北川千穂先生を迎えた授業を取り入れていた。
総仕上げとして開催される発表会は、もとで、和やかな雰囲気で行われた。

2011年03月07日

愛知工業大学 | からくり人形作りに挑戦

愛知工業大学の学生が2月22日~25日、八草キャンパス内にある「みらい工房」で指導で、「からくり人形」作りに挑戦した。
題材は、山車で使われている「采振り人形」で、学生はお弟子さんからノコギリなど削り方を教えられながら、人形の顔、手足の制作に取り組んだ。25日は「この経験を忘れずに今後の勉学などに役立ててください」と講評、「からくり人形」を手に記念の写真を撮った。大学で、学生がからくり人形師の手ほどきで「からくり人形」を制作するという授業は珍しいと言え、授業を受けた学生も、「良い経験になった」、「時間を忘れるぐらい楽しかった」と、話していた。