2010年05月31日

大阪樟蔭女子大学 | オリジナル商品の開発

大阪樟蔭女子大(東大阪市)は、大阪・堀江エリアの商店主らでつくる「堀江立花通ユニオン」と連携し、学生らが考案したオリジナル商品を同エリアで販売するなど女性に街づくりで協力することになった。同エリアのスイーツショップや5店舗と連携。
ドーナツやキャミソールなどアイデアを学生らが企画・商品化して夏季限定発売を目指す。

2010年05月28日

大阪電通大学 | 卵落としコンテスト

生卵が割れないように容器に工夫を施す「卵落としコンテスト」が24日、寝屋川市初町の大阪電気通信寝屋川キャンパスであった。
使えるのはケント紙1枚とハサミ、セロハンテープのみ。新入生はクッションを敷き詰めたり、パラシュートを付けたりした容器を完成させた。

2010年05月27日

豊橋技術科学大学 | 山里再生

山あいの過疎地、新城市七郷一色(ななさといっしき)地区と豊橋技術科学大学(豊橋市)が共同で特産物づくりを進めている。休耕田を再生して酒米を栽培し日本酒が2月に完成した。ベリー類の栽培の試みも進む。地区を存続させたい」という悲痛な願いが、開発に込められている。
08年秋、農業による地域おこしを望まれ、水源地域の荒れた棚田の再生と酒づくりなどを提案した。廃校になった小学校の校舎を利用した自然探訪コースの設定などを含めて昨年度、内閣府の「地方の元気再生事業」に認められ補助金を得た。

2010年05月18日

岡山大学 | 学生がガイド本

岡山大は旧陸軍第17師団跡地に開学した。そんな歴史ある岡山大には、知られていそうで実はあまり知られていない「不思議」がたくさんあるという。
そんな不思議を調べてみようと、広報担当や生協が学生に呼びかけて、集まった12人が中心と取材した。
銅像やモニュメントの解説、資料展示室の「お宝」、岡大生に「岡大生用語」などが掲載され、なんとも楽しくて、奥深い岡山姿が垣間見える。

2010年05月17日

香川大学 | 緊急融資を新設

香川大学の一井真比古学長は学生=3月に退学処分=が強盗などの罪で起訴された事件を受け、緊急時に経済支援を行う融資制度の新設などの再発防止策を発表した。
同大によると、新入生を指導を2~4年生にも徹底し、指導経過を記録した学生カルテシステムを導入するほか、保護者懇談会を実施するという。

2010年05月14日

徳島文理大学 | 健康ランチの売り上げの一部を寄付

徳島文理大学は、徳島キャンパス(徳島市山城町)の食堂が出す定食「ヘルシーランチ」(450円)の売上金のうち、1食あたり20円をアフリカの貧しい国に寄付する活動を、11日に始めた。
ウガンダやルワンダ、マラウイで、給食1食分の値段という。
同大は香川キャンパス(香川県さぬき市)でこの活動をおり、毎週水曜に20食出している。
TFTの小暮真久・代表理事が活動などについて語る無料公開講座が14日午後3時から同キャンパスで開かれる。

2010年05月11日

岩手医科大学 | 寄付講座

秋田県と鹿角市は鹿角組合総合病院(5月からかづの厚生病院として新築移転)に医師を派遣している岩手医大と、連携を強めるために寄付講座設置の協定を結んだ。県と鹿角市は5年間で計1億5千万円を同大に寄付する。
同大は以前から、同病院に医師を派遣している。
同病院に耳鼻科の医師1人が着任すれば、常勤医師21人のうち19人が、同大から派遣された医師となる。
寄付講座では、病院と病院と地元開業医の連携を含めた、鹿角地域の医療体制について研究する予定だ。